竜介軍少佐のブログ

色々投稿しようと思ってるので時々見てね

職場の話12

オレが女のケツを追いながら職場を歩くようになってから一ヶ月が過ぎた。
そりゃあ指で突っつけば跳ね返るようなケツならば目で追いたくなるものだが、致死率(離職率)の高いこの戦場では疲労困憊により、時にケツに見えてケツではなくなる時もある。気付けば癖でつい男のケツを目で追って、うわっ!と自分を戒める時もある。
さて、応援としてやばい部署へ派遣されたのは以前に話したと思うが、そんな職場にまたもや新人が投下された。オレ達が応援に来てから、一体ここで何人もの戦死者(退職者)が出たのか搔い暮れ知れぬ所だが、明日からまたまた若いフレッシュマンがやって来る。
そのフレッシュマンを迎えるのは、悪魔・太田(目がイッてる)だ。
この太田って野郎はオレ達と同じ平社員でありながらこちらの仕事を何でも知っているということもあり、先輩風を吹かせて、ねちねちねちねち、ねちねちねちねちと言ってくるクソ野郎だ。オレ、中野、大澤の応援三人も例外なくこいつのパワハラを日々受けながら仕事をしている。そのクセ遅刻の常習犯であり、三時間の遅刻なんてザラの、繰り返すが本当にクソみてえな野郎だ。
太田が皆から疎まれている理由はマジに沢山あってここでは割愛するが、問題なのはこのフレッシュマンが“残業は一切やらない”という、これまたクソみてえな条件で雇用されたことだ。
そんな新人に落胆しつつ、オレ達は毎日睡眠不足と疲労というバッドステータスをヒーコラ耐えながら、あの女のケツが良いかもしれないだの、あの女は乳がでかくて埋まりたいだのと実現不可能な欲望を語る。そして、明日から始まる悪魔太田とフレッシュマンの対決の見物を楽しみにするのだ。
ああ、男の日常なんてのはこの程度なんだよ。女が見ればクソみてえだろうな。
でも本質はそうじゃねえ。
オレ達は普通に仕事をして、その後帰ったら、好きな物を、好きなようにして、好きな事をしながら、好きな奴と酒を飲みたいだけなんだ。

仕事の話10

先月からオレは元いた部署から忙しい部署へ、応援として社命で働くようになった。このクソみてえな運命を共にしているのが他に二人いて、そいつらを仮に中野、もう一人を大澤としよう。
中野は柔道を趣味としており、真面目でオレより10cm以上身長差があるのに筋肉ムキムキ、ステーキ600gを軽く平らげる小さな巨人だ。仕事もきっちりしており、“プロ意識を持つ”とはこういう事なのかと、仕事では教わることの多い男。大澤は穏やか且つ陽気で、仕事はまずまずだが女を見かければどんな女でも良い部分を見出す公平な男だ。彼が着目するのは大抵尻であるが、ふらりと突然やって来て日が浅い我らだというのに、いつの間にか彼個人的に魅力的な尻をしている女を網羅しているという尊敬に値する人物。
オレ達は売上に貢献するため徒手空拳この部署へやって来たのだが、その応援先の部署というのがクソッタレで、新人を中途で採用しても直ぐに退社してしまうというかなりやべぇところだった。そう、オレ達は戦場…いや、地獄とも言うべき場所に投下されたのだ。
…………
……

さて、今日休憩の時に横を歩いていた大澤が、
「少佐、さすがやな。道を譲っときつつ前を歩く女のケツを拝むとは。お陰で疲れが取れる思いやわ(※)」
と、感謝される。言われて気付けば直ぐ2mほど前にはややタイトなスカートを装備した女子社員が。いや、尻が。
オレはただ狭い事務所の通路を歩く際に道を譲っただけなんだが、気付けばそうなってしまった。
大澤とは自分の部署でも少しだけ一緒に仕事をしたことがあるが、社員番号を見るとオレより遥かに若い番号で実は経験豊富な男だ。そんな彼は、自分達の部署よりも応援先の部署の方が男女比率見た目一対一であることからテンションがいちいち高い。そしてオレも彼の影響を受けてしまい、今は女のケツを見ながら歩いている。
「大澤さん、あっちに良い尻した人いるじゃないですか。遠回りになるけどこのルートで行こうよ」
「お、少佐も好きやな。そうしよう(※)」
休憩中そのルートで歩いていると、件の女性とばったり!まあ、あるあるだよな。
オレと大澤は笑いを堪えながら彼女と道を分かつと、大澤がこれからクソみてえな仕事だってのに、興奮気味に次のような事を言った。
「今のはすごかったなあ、少佐はテレパシーでもあるんか?(※)」
ンな訳ねえだろ。
あの女はただケツ振って歩いていただけ。
オレ達はただケツを求めてただけ。

あ~あ。
こんな日常です。
(即興)
(※関西弁勉強中)

竜介、お菓子を食べる!

岡田「あー、竜介。ちょい聞いてくれや」
竜介「なんだ?」
岡田「俺の職場に、最近仙台へ旅行した奴がおんねんけど、そいつにお土産もろうてん」
竜介「ほう」
岡田「それがこれや。萩の月っちゅうんやけど、なんか仙台銘菓らしいで」
f:id:ochoushimono:20210301203404j:plain
竜介「おお!ンまそう!」
岡田「そうやろ?なんか会社の人が言うには、冷やして食べるとめっちゃ美味いらしいで」
竜介「マジか!」
岡田「それで冷やしたのがこれや。それにしても、北海道はほんま寒いわあ」
竜介「モグモグ…うむ!実に美味であった!」
f:id:ochoushimono:20210301204017j:plain
岡田「ああーっ、自分何食うとんねん!それ俺のやぞ!」
竜介「ぶはははー!よく見ろ岡田。俺様はたった半分食っただけじゃ!後はお前にもくれてやる!」
岡田「何言うてんねん自分!ふざけんやないで、このアホ!」

(即興・関西弁勉強中)

職場の話6

本日午前の出来事…
1
嗚呼日本人、「あけましておめでとう」と偉い人もペーペーも皆が爽やかに挨拶しているという中で、高橋(ハゲ)が、オレの仕事道具を無断で嘘誇張もなく、ふぶるちゅちゅう~ぶ!ぶ!ぶぶぶ……ぶちゅぶちゅっ!…っていう下品な音を立てて使いやがった。オレが出したと思われたらどうするんだあのハゲ。やっぱり左利きの奴はダメだな、空気が読めなくて。まあオレも道具は左なんだけどね。

2
田中(沖縄県出身)にクラクラさせられる。勿論彼女の魅力でクラクラしてるんじゃない、臭いにやられてるんだよクソ。お願いだから向こうに行くか、臭いを拡散させないようにその場を動かないでくれ。臭くてたまらん。

3
後輩の松山(自転車オタク)に、連休中どのような過ごし方をしたかお互い話し合う。彼は自転車…といってもロードバイクで、友人と名古屋まで走りに行ったらしい。おいおい、こっちはしんどい思いで「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」を観てたのに、充実してんな。因みに彼はオレと同じでアニメに疎く、上記アニメのタイトルを話しても当然知らない。従ってその内容を話して聞かせるんだがその最中、彼は苦笑いをしているようだった。そんな松山を見て、オレも苦笑いをするしかなかった。

本日午後の出来事…
1
昼食の居場所に困っている。それでは黒木智子と同じでは?とご指摘を受けそうだがうちの職場では多くの人間が各々一人で過ごすので、昼休みに一人でいるのは自然の姿なのだ。
困っている、というのは他ならぬ川上(ぽっちゃり女子)の存在である。彼女についてはまた別の日にでも。

2
様々な事情が重なり仕事が進まない。夕方になって田中にどかどかと仕事を持ってこられても困るのだが、中国人の阿部(ギャンブル好き)は珍しく深夜残業をやってでも対応するつもりらしいので、こちらも腹を決めることにする。休み明けからクソみてえな状況だ。

3
木戸(イケメン)にアニメを観た旨を話す。彼はどんな話題でも豊富なボキャブラリーから合わせてくれるので、そろそろこの話題には触れないでおこうと今更思うオレ。因みに彼も寝正月らしい。

4
休憩中にこの記事を編集していたら、「何をニヤニヤしている。そういうのは共有しないといかんな」と、伊藤(沖縄県出身)に詰め寄られ誤魔化すのに苦労した。どうやらニヤニヤしながら編集をしていたようだ。周りは見ていないようで見ている、気をつけなければ。

5
やはり仕事が進まない。そこでオレ、いやオレたちはいっそ帰宅する事にした。大型連休一発目の仕事はこうでなくてはいけない。

f:id:ochoushimono:20210105165141j:plain

松山に名古屋のお土産を貰いました。